家を建てる時に重要視したのは、子供部屋の間取りです。家を建てるとなった時点では1人目の子供がお腹にいました。
ですが、その後子供が何人になるのかはっきりしなかったので2人であっても3人であっても困らないような間取りにしたいと考えていました。
その点を相談したところ始めから部屋数を決めなくても良い方法を聞くことができました。

始めから部屋数を決めるのではなく、一つの部屋を大きくとり、扉を2つつけました。将来分ける必要が出たら分けられるような間取りにしたんです。
例えば男の子と女の子の2人だったら将来間に壁を取り付けて2部屋にする。同性の兄弟だったら壁を作らず広い部屋を2人で共有するのもありです。
3人で性別が男女だった場合は2人と1人に分けて部屋を区切る。そんな風に臨機応変に家族に合わせて部屋の環境を変えていけるようにしました。

部屋数や間取りに関しては、ハウスメーカーによっては始めから決めずに将来の家族の環境に合わせて変化させていくこともできる場合があるのでその点も検討してみてください。